本文へスキップ

TEL. 049-233-7727

〒350-0807 埼玉県川越市吉田739-1

高速沈殿装置 -High Performance Thickener-

1.高速沈殿装置とは
傾斜板を用いることにより沈降距離を短縮し、また汚泥の沈降ゾーンと間隙水の上昇ゾーンを分けることで、沈降速度の増大を図る装置です。活性汚泥や凝集沈殿の処理能力を、既存の設置スペースのまま低コストで増大させることができます。





2.原理(1)

@通常の沈殿槽では懸濁粒子はLの距離を沈降する必要があります。A図のような傾斜板を設けると沈降距離をL’に短縮することができます。
B傾斜板の間隔をP、傾斜角をθ、長さをHとすれば、傾斜板による沈澱促進 倍率はL/L’=H×cosθ/P倍となります。加圧浮上法は気泡が付着しやすく、軽い粒子(凝集汚泥や油脂分など)の除去に適しています。一方、沈殿法は土砂などの重い粒子の除去に適しています。粒子の分離速度は加圧浮上法の方が大きいため、浮上可能な場合は加圧浮上法の方が多くの場合有利となります。

3.原理(2)
@通常の沈殿槽では沈降する粒子の間を間隙水が上昇するため、乱流が発生し沈降効率を低下させます。
A傾斜板沈澱槽で沈降する粒子のゾーンと、上昇する間隙水のゾーンが分かれるため、効率よく沈降が促進されます。

4.特長
@既存の活性汚泥・凝集処理の沈殿槽に施工可能です。
A傾斜板の設置により沈降速度は2〜3倍になります。
B薬品などを使用しないので、ランニングコストはかかりません。
C角・円いずれの形状の沈殿槽にも施工可能です。


バナースペース

株式会社エイブル

〒350-0807
埼玉県川越市吉田739-1

TEL 049-233-7727
FAX 049-232-1250
e-mail able@pastel.ocn.ne.jp